Shima Blue

  • facebook
  • instagram
  • twitter
海外でも注目される贅沢なグランピング

2016,10,26

海外でも注目される贅沢なグランピング

全世界で今、新しいアウトドアのスタイルとして注目のグランピングですが、

遠い海外に行かずに、身近で楽しむことができるとすれば

もう、楽しむしかないですよね!

 

“グランピング”とは?

グランピングが四万温泉に誕生する!グランピングとは?

こちらの記事でも詳しくかいておりますが、

「グランピング」とは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を
掛け合わせた造語です。

ホテルや宿泊施設が提供してくれるキャンプなので、自分たちでテントを張ったりする
必要もなく、気軽に贅沢なキャンプを楽しむことができます。

 

 

キャンプ体験をされた事が無い方や、キャンプに不慣れな方、
キャンプ初心者の方でも、簡単にキャンプの魅力を体験する事ができる。
それが、グランピングです。

 

 

 

それでは、沢山の方がはまるキャンプの魅力とは
何でしょうか?

 

・大自然の中でゆっくり出来る。

・みんなでワイワイ楽しめる。

・1人で、誰にも気兼ねなくのんびり自分のペースで遊べる。

・自然の中で、自分の好きな材料で、自分のプランと予算で休日を計画出来る。

・好きな時間に食事をし、好きな時間に寝起き出来る。

・自然の中に即席の自分だけの家(テント)を建て、自然を満喫出来る。

・何を食べてもおいしく感じられる。

・お気に入りのキャンプ道具をそろえて行く事が楽しみ。

・朝の目覚めのコーヒーがおいしすぎる!

・都会では見る事の出来ない星空を堪能できる。

・焚火にあたりながら飲むお酒おつまみがたまらない!

・森林浴が手軽にできる。

・道具をそろえてしまえば、全国各地のキャンプ場でキャンプを楽しめる。

・ボーッとしているだけでも、自然の音が楽しめて癒される。

 

キャンプの魅力はまだまだ、沢山あると思います。

 

milky-way-472975_1920

 

それでは、キャンプのデメリットとは何でしょうか?

 

・水回りが不便。

トイレやお風呂、洗い物や、手洗い等。
水回りの設備が充実しているキャンプ場もありますが、
プライベート空間を保てる施設はそこまで多くありません。

 

・道具をそろえる為の費用が高額。

テントも低価格のものから、何十万もするものまで様々ですが、
最低限、テント寝袋、ランタン、BBQセット、イスやテーブル…
となると費用もかさみます。

さらに、テントの中に直接寝てしまうと体が痛いので、マットを購入。

便利アイテムは星の数ほどありますので、次々と購入したくなります。

 

・キャンプ道具を保管しておくスペースが必要になり、管理が大変。

色々そろえる事もキャンプの楽しみの1つですが、道具が増えれば、
それだけ、家に保管しておく場所も必要になってきます。

テントを張って、そのまましまってしまい、手入れをせずに物置へ…
となると、カビが生えたり、汚れが付いてしまい次回使えなかった…なんて事も。

使用後はきちんと汚れを拭きとり、テントを広げて干してからしまわなければ
いけません。手入れが大変です。

 

・車がないと、キャンプに行けない。

道具を積み、BBQの材料を乗せ移動するには電車やバスでは行けないのがキャンプ。
最近は、全てレンタル出来る施設も増えてきていますが、
大抵は、大自然の中に位置するキャンプ場が多く、交通も不便な場所に存在します。
時間にも縛られてしまうので、自由に動く事も出来ません。

 

・冬は、閉鎖するキャンプ場も多く、寒い時期は、テントだけでは寒くて寝られない。

季節や天候に左右される事も、大自然を楽しむ醍醐味の1つですが、
プロの登山家の方なら冬山の知識もあり、道具もあり雪山を楽しむ事は可能ですが、
一般の方が冬の寒い時期にキャンプはなかなかハードルが高いのではないでしょうか。

雨が降ってくれば、テントの片付けも大変…

 

shimablue

 

それでは、グランピングの良さは何でしょうか?

 

キャンプの魅力と、キャンプのデメリットを全て解決してくれるのが
グランピングです!

 

 

面倒な準備も要りません!道具も要りません!

車がなくとも、電車やバスで手荷物1つでキャンプを楽しめます。

 

 

天候に左右されません!
雨に濡れた道具を片づける必要もない。

むしろ、雨だからこそ楽しめる景色、雨の音を聞きながら
ゆっくりコーヒーでも飲みながら、雨さえも楽しめてしまう余裕もあります!

 

冬は、雪遊びをしながら、焚火で焼き芋なんてことも出来ます!
雪景色を見ながら食事をする事は、都会ではなかなか味わう事も
ないでしょう。

熱々のお肉や、冬しか食べる事の出来ないメニューも盛り沢山!

 

 

そして、何といっても女性には嬉しい、トイレやお風呂の心配も不要!

女性同士でも、重い荷物を持ってセッティングも不要!

 

 

 

着いたららすぐに、ハンモックでゆっくりお昼寝!
ごはんの時間まで、好きな場所でゆっくりコーヒータイム!

カフェ自慢のスィーツを食べながらのんびりおしゃべりもいいですね!

 

 

 

贅沢な時間を、自分の好きなように、好きな空間で楽しむ事が出来る、

四万温泉の「おんせんキャンプShima Blue」

 

 

完成まで、もう少々お待ちくださいませ。

 

 

沢山のワクワクを詰め込んだ、グランピングフィールドにこうご期待!

 投稿者:  info@shimablue.com

関連記事

  • 鹿覗キセキノ湯 つるや
  • 株式会社SRK