おんせんキャンプShimaBlueの宿主が熱く語り踊った!


 

2016年冬。このプロジェクトは始まった。

何度も会議を重ね、様々な意見やアイディアが集まった。

 

 

 

ある日、宿主が草が生い茂った道を・・・

革靴を履いたままだったが、急な斜面を通り、川に下りてみた。

 

 

底に広がる光景に唖然とした。

 

四万温泉の景勝地「楓泉峡」

 

 

まさに、シマブルー。

 

この瞬間から、このプロジェクトは加速した。

 

 

 

 

ShimaBlueの思いを熱く語ります。


 

 

 

 

 

 

そして、踊った。

 

 

3.

 

 

 

 

 

2.

 

 

 

 

 

1.

 

 

 

 

 

ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

おんせんキャンプShimaBlueは、大人の隠れ家。

 

 

 

日頃の生活で疲れたら、群馬県 四万温泉を思い出して下さい。

 

 

 

 

 

 

大自然の中の四万リゾート!

優雅なグランピングを楽しむ場所。

おんせんキャンプShima Blue

STAFF一同、心よりお待ち申し上げます。

 

Share this Page: